優しい セフレ

優しいセフレに癒される関係で浮気をする

出会い系でセフレを作り羽を伸ばしています

 

私はいわゆる逆玉で、資産家のお嬢さんと結婚をしました。
ですからお金の心配はしないで済んでいます。
ですが資産家の入り婿として相応しい人物にならなければなりませんから、毎日息の詰まるようなスケジュールをこなさなければならないのです。
妻は何かと自分の家の事を鼻に掛け、私をいつも下に見ています。
お金の為に妻と結婚をしたとは言え、針の筵状態となっています。
私はこんな息苦しい環境から逃れるために、セフレを作る事にしました。
いつも私の事を見下す妻と居ても楽しくありませんから、外にセフレを作って、その女性と楽しく過ごそうと思ったのです。
私は少ない自由時間を費やして、出会い系でセフレ作りを始めたのです。
やはりセフレは妻とは違って優しさが欲しいですから、出会い系の中の優しそうな女性を探す事にしました。
出会い系を見ている内に、その条件にぴったり合いそうな女性を見つけました。
私は早速その女性に連絡を取り、会う事にしたのです。
彼女の顔は地味で素朴と言えますが、派手な妻の顔を見慣れているので、とても新鮮に見えました。
私たちは何度か話をしたり食事をして、その後体の関係を結ぶ事となったのです。
彼女は男性に奉仕をするのが好きらしく、私はフェラをしてもらいました。
私はそれまでフェラをしてもらったことがありませんでしたから、初めて彼女にフェラをしてもらった時は体中に電撃が走るほどの快感でした。
私はそのお返しとばかりに、彼女の秘孔を指と舌で愛撫してあげました。
そして最後に私は彼女の秘孔に、私の大きく勃った肉の棒を挿入したのです。
彼女の秘孔はヒダヒダがヌルヌルで、私が肉の棒を動かす度に、くちゅくちゅと音を立てたのです。
その音が妙にいやらしく聞こえ、それで私は頂点に達し、肉の棒の中に溜まっていた白い液を彼女の中にまき散らしたのです。
こうして私たちはセフレ関係となり、私は妻に蔑まれても、耐えることが出来るようになったのです。
[大阪府|30代|男性|会社員]


PCMAXを試してみる(18禁) >>



・TOP ランキングへ戻る >>セフレを作る優良サイトランキング【出会い系等の口コミ・評判を元に作成】

関連ページ

60代でも出会い系でセフレを捕獲
最近の教育現場では、実践的な性教育を施していないと聞きます。適切に異性と関わりを持つことが下手な若者が、成人式を迎えただけでは床上手になることができません。
セフレ探しでM女のアブノーマルな関係を作った
セフレ探しのサイトで適当に女を見つくろって、待ち合わせをした。サイトでメッセージ交換をした時に「今日は、グレーのワンピースに赤い鞄を持っています」と言われていたので、そんな格好の女を見つけて声を掛けてみた。案の定、彼女だった。
mixiから始まる大人の恋
一世を風靡したmixiも今やFaceBook、Twitterにその地位も奪われ数年が経っています。でも、いまだにmixiを愛する人が実際には多いもので、私もその一人です。
ブスでデブな妻とのエッチが楽しくないので出会いアプリでセフレを作りました
出会いアプリで別の女性と関係を持つようになったのです。妻には悪いとは思いながらも、どうしても妻が相手では燃えないので、出会いアプリで知り合った女性とエッチを楽しむようになったのです。
セフレも欲しいしアブノーマルなHがしたいから出会い系に登録
出会いのサイトで、セフレができたという話は聞きます。こういうサイトは以前から興味がありました。けれど、何か後ろめたい危険な香りがして、足を踏み入れるのを躊躇していました。
水着コスプレでセックスしたい時に会える相手とイキまくる
私が千葉県を離れない理由の一つとしては、千葉県がインターネットの出会い系アプリを私が利用して感じた感覚としてはセフレの男性の相手を探しやすく、すぐに会ってセックスをしてくれるセフレの男の人が見つかりやすい、という理由があります。
気軽に付き合える相手が欲しいからサイト利用しました
保育士をしていますが、同性の同僚ばかりで職場で男性と出会える機会がありません。 私はドライな性格で、彼氏はほしいけれどあまり重い関係は嫌なので、軽く付き合える相手がいいなと思っていました。